大人になってから始めるバレエ

大人になってからバレエを始めるには? ほんの少しの勇気と やりたい気持ちだけ! あとは私たちにお任せ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎代謝

「ちょっと怖い話・・・」で年齢と共に基礎代謝が低くなり 基礎代謝が低いままだと確実に脂肪が蓄えられていき太ってしまう。と言う話をしました。
同じような身長 体重でも 基礎代謝の量が違う事があります。
それは 筋肉の量が違うからです。

身体の6割以上が筋肉で構成されていて 筋肉は身体を動かしていないときでも活動を続けています。
血液を促すために 伸び縮みしたり 運動で切れた筋組織を修復したり 骨を支えたり・・・
沢山のエネルギーを消費します。
その消費量は基礎代謝に使われるエネルギーの4割も占めます。
それで 筋肉が少ないとエネルギー消費も少なくなり 基礎代謝が低くなってしまうんです。

では 基礎代謝を上げるためにはどうしたらいいかというと
「赤い筋肉を」鍛える事が大切なんです。
赤い筋肉は白い筋肉より 毛細血管が多く 酸素が豊富に供給されるため、エネルギーを燃やす力が高いんです。

赤い筋肉と白い筋肉がどんな風に使われているかは「赤い筋肉・白い筋肉」の所を お読み下さい。

実は赤い筋肉が一番集中している所は「背中」なんです。
そこを集中的に鍛えれば 効率よくエネルギー消費量を上げる事が出来るんです。
それが「脊柱起立筋」です。
そこに力を入れ 背筋を伸ばしただけでカロリー消費量は1.5倍もアップするんですよ!
普段デスクワークが多い方 猫背気味の方も是非ここを鍛えて下さい。
バレエのレッスンで 普段背筋を気にしている人は自然と鍛えられて来ると思いますが ここを鍛える事で ますますレッスンが楽になるかもしれません。
次に一つだけ鍛え方を載せました。 【“基礎代謝”の続きを読む】
スポンサーサイト

40肩・50肩

40肩・50肩は通称で 正式には「肩関節周囲炎」と言われる物で
肩の関節が古くなり一種の炎症を起こした状態、または、その時期を
過ぎて肩関節が癒着し行動範囲が狭くなった状態のことを言うそうです。(専門家ではありませんのであしからず・・・)

ちなみに40肩・50肩だからといって その年代だけに起こる物では
無いそうです。
あれ?って思うのは 肩より上に手を上げようとしたときに痛みや 違和感を感じたとき・・・たとえば洗濯物を干そうとしたとき 髪の毛を後ろで束ねようとしたとき・・・(女性の場合)

急性期 慢性期 回復期 に分けられ それぞれ対処法は違うみたいです。

急性期:急に「肩が痛くて腕が上がらない」この時期が発生してから、2・3日。夜 寝返りを打つだけでも痛みがある。通常2~4週間。
対処法は・・・安静(動かさない)・腕、肩の痛い部分に熱をもっていたら(触って熱かったら)アイシング。
腕や肩の痛みを我慢して無理に動かすと40肩・50肩が治るまでに期間が長引きます。


慢性期:安静時や腕を少し動かすだけで感じる。激痛が収まった後の、動かさなければ痛くないが、動かすと痛いと感じる。
もっとも長引く時期。通常半年~1年。
対処法は・・・痛みの無い範囲で運動療法を積極的に行う。(動かさないとマスマス動かなくなります)
ペットボトルや砂ぶくろなどの重さのある物(1キロ前後)を持ちテーブルやベットの角から腕を降ろし、円を描くように腕のみを振って肩の運動を行います。このときには筋肉の力を抜き、できるだけ肩動かさずに、腕だけを円を書くように動かすようにします。
ただし 痛みのあるときは無理をしないようにしましょう。

回復期:腕・肩動かしても痛くないが、動かない。いわゆる肩が固まってしまっている状態を表します。
ポイントは、動かしても痛くないが・動かない
上記の運動を続けましょう。

ポイントはあくまでも無理をせず 気長に動く範囲で続ける事です。

予防するためには 
・十分な可動域(きちんと肩が動く)
・腱板を構成する筋肉がキチント働く
ようにしておく事が大切だそうです。
正しく行えば 運動・体操・マッサージも有効だそうです。
ただし あくまでも 正しい・・・です。

ただし 他の病気と間違えやすい症状もあるので 不安な場合は専門家の方に見て頂いた方が良いです。

なぜ こんな事を突然書いたか? 【“40肩・50肩”の続きを読む】

ダンサーの姿勢

背骨

絵がへたくそなのは お許し下さいね(__;)
(また 厳密ではありませんのでご了承下さい)

見て欲しいのは真ん中の太い線です。
背骨の形(背骨の中心です)を表しているつもりなんですが・・・
ちなみに右側の絵は アンデオールしているので 下半身の形が少し左とは違っています。

良くレッスン中に背中をまっすぐに伸ばしましょう!と 言われますね。その時この絵を想像してみて下さい。
尾てい骨からまっすぐ背骨を立てましょう。
と言われて 皆さんが想像している尾てい骨(手で触れる所)から立てようとしてませんか?
実は手で触れる所は本当の尾てい骨では無いんです。
本当の尾てい骨はもう少し中にあります。
ですから それをやろうとすると 腰を入れすぎるおそれがあります。

腰を入れすぎると芯が中心にならないだけでなく ターンアウトの妨げにもなります。
また つむじを上に引っ張りましょうと言われた時顎を上げてはいけないのも解りますね。(耳の後ろ側を上に引っ張るようにすると ほぼ真っ直ぐ引っ張る事が出来ますよ)

赤い筋肉・白い筋肉

先日 基礎代謝の話を書いた所筋肉に持久力を付けると肥大をしない。というコメントを頂きましたので 今日はちょっとその話に触れたいと思います。
 
今日のレッスンメニューを思い出してみてください。どんなことをしましたか?
ウォーミングアップの自主ストレッチをして、バーレッスンで体の各パーツをきちんと使い、上体を引き上げて、軸を確認し、さてセンターレッスンです。
センターレッスンではどんなことをしたでしょう?
アダージオ・タンジュ・アレグロ・ピルエット・グランワルツetc.
バレエのレッスンって2種類の動きに分かれますよね。
ゆっくり動くアダージオ的な動きと、細かいパが連なったアレグロのような早い動き。
実にバランスがいいと思いませんか?

人間には、赤い筋肉白い筋肉があるんです。
赤い筋肉(遅筋)はアダージオのようなゆっくりとした持久力を要する動きで活躍する筋肉のことを言います。
白い筋肉(速筋)は瞬発力を要するアレグロで活躍する筋肉です。

人それぞれ得意なことと苦手なことがあると思いますが、アダージオが苦手な人は赤い筋肉が弱いのかもしれません。しなやかに足を上げてバランスをとったり、ゆっくりと体重移動をしたり、アラベスクプロムナードのように足をキープしたまま軸を静かに回転させたり・・・動きはゆっくりでもかなりの持久力を要する運動ですよね。

反対にアレグロが苦手な人は、白い筋肉が弱い可能性があります。フライパンの上のポップコーンのようにポンポンと跳ねるような、シャンジュマン、パディシャ・アッサンブレ、ジュッテなどは瞬発力が勝負です。例えば四羽の白鳥などは良い例で、時間的には短いバリエーションですが動き出したらとまらない!!
100メートルダッシュをしているような運動量。

そう考えれば、バレエって赤い筋肉、白い筋肉を鍛えるメニューがバランス良く組み込まれているんですね。レッスン以外に弱い筋肉を補おうと考えると、鍛えるべき筋肉を的確にトレーニングするのはなかなか難しく、体を傷めたり、筋肉のバランスを崩すこともありますから、まずはレッスンの中できちんと体作りをしていくことが大切です。
アレグロが苦手な方は、他の人がやっている時に端のほうで1~2回余計に自習をするとか、アダージオが苦手な方はレッスンの後にバーにつかまって正しいデブロッペをしてみるとか、レッスンの待ち時間を利用して、先生の注意に耳を傾けながら弱い筋肉を鍛えるほうが安全かつ能率的です。
自己流は危ないですが、先生の「軸足を強く~」とか「床を蹴って~」と言う指示が聞こえている環境なら、先生の声に自然と体が反応しますからね。

バレリーナになるならないは 関係なく バレエのレッスンを正しい方法でやり正しい筋肉の使い方をする事は 誰にでもメリットのある事です。
バレエの先生は筋肉の話まではして下さらないかもしれませんが レッスンの順番はとても2つの筋肉を鍛えるために 効率よくできていますので 根気よくレッスンしていれば 必ず変わってきますよ!

ちょっと怖い話・・・

私たちだけでなく ダイエット 理想のスタイルはみなさんの永遠の悩み?ですよね。
でも 20代 30代 40代・・・と年齢が行く連れてダイエットもなかなか効果が出にくくなってきますし すぐにおばさん体型(嫌な言い方!)に向かっていってしまいます。
私もつくづくそれを感じている一人です。
もともと体質的に食べても太らないといううらやましい人と 食べたら食べただけ身になっちゃうと言う人がいますよね。
私は後者の方です(; ;)

年齢が上がるにつれ 基礎代謝が落ちてくるからだというのはおそらく皆さんご存じと思います。
(基礎代謝=安静時に必要な熱量。20代を境に落ちてくるそうです)
それにともない 加齢で筋肉が痩せエネルギー消費量が落ちる事で体温が下がり それを温めようと脂肪が付きやすくなる。
さらに40代を過ぎると女性ホルモンの減少で体脂肪をためやすい体になってくるのだそうです。

これでは今までと同じに食べていては 当然太ってしまいますよね。

----腹7分目を心がけ 絶えず体を動かす----

これが太りやすさを改善してくれる方法だそうです。

食事時間を決める。
良く噛みながらゆっくり食べる。
腹7分目で止める。
適度な運動をする。

解ってはいるけど・・・
て方 多いですよね。
食事に関しては 自分で管理するしか有りませんが 適度な運動は普段の生活でもすることは可能です。
家の掃除をするときにいつもはモップがけの所を昔ながらのぞうきんがけにしてみたり(利き手だけでなく 反対の手も意識して使うと良い)
ちょっと遠くのスーパーへ歩いて買い物に行ってみたり・・・
(背筋を伸ばして ちょっと大股で歩いてみましょう。それだけでも違います)

筋肉を付ければいいのか・・・と 筋力トレーニングなど間違ってもしないで下さいね。(筋肉もりもりにするのではないので・・・)
この場合の筋肉とは 体の深部にある筋肉。背中やヒップ 股関節の前側を覆う筋肉で、表面の筋肉の内側にある「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉です。
それを鍛える方法は また後日書く事にします。

バレエのレッスンに関しては 出来れば大人の方は週最低でも2回はやりたい物です。
週1回だと 体が忘れてしまいます。
次に行ったときに 何だかまた元に戻ってる・・・と感じることは有りませんか?せっかくレッスンしたのに・・・
2回だとかろうじて覚えていてくれます。(でも かろうじてです(__;)
どうしても1回しか時間がとれないと言う方は おうちで軽いストレッチやプリエでもやってみましょう。(ストレッチについては いくつか書いてありますので その方法を読んで下さいね)

インナーマッスルってどこ?
って言う人のために 絵を描いてみましたが・・・
幼稚園児のような絵なので 恥ずかしいからかくしておきました。
笑わないって約束してくれる人は 見て下さい(__;) 【“ちょっと怖い話・・・”の続きを読む】

正しいプリエのためにNO3(股関節の話)

今更ですが 「明けまして おめでとうございます」
今年ももう10日も過ぎてしまいました。
これが今年初めてのプログと言うのはちょっと情けないですが 今年もこんなのんびりやの私とよろしくお付き合い下さいね_(._.)_


今日はプリエの続き。
と言っても ここ何回かに書いてきた事と繋がって入るんですが
この間は足の裏を柔軟にしておきましょう!
と 言う話をしたので 今日はもう一つ プリエに必要な「股関節」の話です。

まず 何も考えないで 仰向けに寝てリラックスした状態で 両足を腰幅くらいに開いて力を抜いてみて下さい。

ちょっと頭を起こして どのくらい足先が開いているか 見てみましょう。

パッタリと両足の先が床に着いてしまうくらい開いている方 「私は股関節が開いていて 良いわ~」と 一概に喜んでいる場合でもありません。
もちろんほとんど開いていないよ・・・と 言う方もがっかりしないで下さいね。

今日は詳しい事は書きませんが 股関節は開きすぎていても開いていなくても 色々な問題が出てきます。
バレエをやっているから 開いていれば良いという物では無いんです。
問題は可動域です。

しかし 長くバレエをやっている人ほど、股関節の可動に制限がある人が多いんです。
解かりやすく言うと、上向きに寝て足を外旋(外向きに)させると、問題なく開くのですが、内旋(内向きに)させると全然内向かない人が多いのです。
これも可動域が狭いと言えるのではないでしょうか?
外向きにするための外旋筋が緊張しすぎてもターンアウトしずらくなってきます。
外旋筋をリラックスさせるためにも、たまには内向きにしてあげましょう。外旋筋がリラックスするとよりターンアウトしやすくなるんですよ。
正しいプリエをするためにも どちらも柔軟にしておきましょうね。
それには股関節の深層筋をストレッチする必要があります。
でも 深層筋って目には見えないしさわる事も出来ない所にあります。では どうしたらいいのでしょう・・・ 
【“正しいプリエのためにNO3(股関節の話)”の続きを読む】

テーマ:☆★☆ダンス☆★☆ - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。