大人になってから始めるバレエ

大人になってからバレエを始めるには? ほんの少しの勇気と やりたい気持ちだけ! あとは私たちにお任せ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッチはいつやろう?

これで今年最後かもといいつつまた書いてます(__;)

先日ストレッチは体が温まっているときにした方が良いと書きましたが 他にもしない方が良いときがありますので 書いておきます。

年末 年始 レッスンが無い分 せめてストレッチだけでも・・・と 思ってる方もいると思いますので・・・

体が柔軟なことが何よりだから、何時でもストレッチをすれば良いと言うわけではありません。
皆さんは日々体調が違いますよね。風邪を引いていたり、女性は月1回の女の子の日があったり、寝不足だったり、過労気味だったり。。。
軽い疲労や、少々の寝不足ならそれほど問題ないのですが、あまりにもしんどいと言う時は、まず休養をとることをお勧めします。そのような状態で無理をすると筋肉を傷めてしまいますからね。また、風邪を引いている時は、関節や筋肉が痛くなったり、首や肩が強ばるような症状がありますよね。体がウイルスと戦っているため、発痛物質(熱や痛みの元となる物質)が出ているんです。
体も疲れているし、何しろウイルスと戦っていますから、まずはお薬できちんと治療して、完治してから徐々にストレッチをするようにしましょう。
風邪を引いた後は、関節に近い部分がかなり伸びにくい感じになっていますから、傷めないように時間をかけてゆっくりとほぐしましょう。
また、女性の月1度の女の子の日は、ホルモンの関係で、腹筋が緩んだり、無理をすると骨盤が歪みやすい時でもあります。生理痛を軽減する意味で軽くストレッチをするのは問題ないとは思いますが、平常時よりは控えめにしましょう
(骨盤が不安定なポジションでのストレッチはやめましょう)
毎日生活条件も違います。今日は立っている時間が長かった、一日座りっぱなしだった、重いものを持った・・など、体制によっても疲労している部分が違ってきます。
まずは、「今日の調子はどうですか?」と体に聞いてみて、その日のコンディションにあったストレッチをしましょう。いつも同じ力加減でストレッチするのではなく、疲労している部分ほど、無理せず時間をかけて(効いてるの?くらいの感じからじわじわと)伸ばしてほしいものです。体ってうまく出来ていて、不快なことは拒絶するんです。逆にいえば気持ちいいことは素直に受け入れるということですよね。
そこで提案・・。お家でストレッチするときは、好きな音楽(出来ればリラックスするようなゆったりした音楽)をかけながらとか、テレビを見ながら、ストレッチするのもいいものです。ながらストレッチです。真剣に気合を入れてストレッチするのではなく、音楽に耳を傾けたり、テレビを見たりしながらすると、ちょっと意識がそちらにとられるので、頑張りすぎなくなるんです。
ただし、ゆったり呼吸だけはお忘れなく。間違っても格闘技を見ながらとか、ヘビーメタルを聞きながらはしないでくださいね(笑)呼吸は止まるし、興奮するし、気合い入っちゃいますから・・・。
まずは自分の体を観察!あなたの今日のコンディションはいかがですか?

自分の体のご機嫌は自分が一番よく解っているはず・・・
常に自分の体と会話しながら やりましょうね!
スポンサーサイト

ストレッチのしかた

もう今年も終わりですね。
一年が年々速く感じるようになるのは 年のせいでしょうか・・・
一応年末ですので 今年は今日で最後の日記になるかもしれませんので (普段サボっている分大掃除に気合いを入れないと・・・)一応ご挨拶。
かなり不定期更新のプログですが 自分自身勉強しながら 来年も読んだ人が「へ~~」て思ってもらえるような物を書きたいと思いますので よろしくお願いしますね_(._.)_


先日はストレッチの重要性をちょっと書きましたので 今日はストレッチのしかたを・・・
そんな当たり前な事を・・・と 思わず一応読んでくださいね(__;)

一番注意して欲しいのは いつも言うように「無理はしない!」
バレエをはじめると先生や回りの人を見て 私もあんな風に180度開脚出来るようになりたい。バーの上に足を乗せて美しくストレッチ出来るようになりたい。沢山足を上げられるようになりたい・・・
誰でも思うと思いますが 一部の人を除いては決して最初からそうだったわけではない事を知っていて欲しいと思います。
たいていの人は日々の地道な努力でそうなったのです。

大分前に(今でも同じですが・・・)バレエのレッスンは3日しないと自分に解る。1週間しないと他人に解る。と 言った人がいます。
今でも現役で踊ってらっしゃる有名な人ですね。(間違ってないかな・・・(__;)
バレエはそれほどレベルが上の人ならなおさらの事 毎日の地道なレッスンが必要な物です。
私が知っている先生達ももう60にも近いというのに ご自分の体を維持するためにほとんど毎日レッスンしてらっしゃいます。
年をとればなおさらの事 油断すればすぐに体は忘れてしまいます。
それだけの環境を維持しておくのもとても大変な事だと思いますが そういうバレエに体する心構えは とても尊敬しています。

ストレッチも一緒だと思います。
少しの時間でも毎日続ける事が一番効果がある物です。
ただ そこで注意して欲しいのは
・絶対に無理はしない。
・体が冷え切っているときは やらない。
・ストレッチをするときは 必ず呼吸を大切にする。
です。
具体的に言うと・・・
【“ストレッチのしかた”の続きを読む】

ストレッチ?

何が出るかな?ストレッチ


バレエをやる人だけに関わらず ストレッチはした方がいい・・・
とは 誰もが思っているはずです。でも
「ストレッチをしませんか?」っと勧めると、たいてい「私は体が硬いから無理です」という言葉が返ってきます。
なんだか 可笑しくないですか?

おそらく、体が柔らかいことは良いことで、体が硬いことは恥ずかしいこと、不健康なことと言うイメージがあるのでしょう。
体が硬いからストレッチは無理というと、ストレッチは筋肉の柔軟な人のすること?になりますよね。
柔軟だったらやらなくていいじゃないっていうことにはならないでしょうか?
ストレッチと言う言葉は日常耳にする言葉ですが、イメージは人によって様々だと言うことがよくわかります。
私は、ストレッチこそ誰でもできることであり(やり方を間違えなければ)、健康維持につながる意味のあることだと思っています。

■ストレッチのメリットは?
1,筋肉を柔軟にし、ケガを予防するとともに行動しやすくする

2,全身の血流を良くし、酸素や栄養を十分取り込めるようにする

3,筋肉のアンバランスからくるからだの歪みを修正する

4,脳からの指令をスムーズに筋肉や末梢神経に伝えられるようにする

5,筋肉疲労物質を体外に排泄する


というように、体がもともと柔軟な方も、そうでない方にも十分有効なことなのです。
その方の持っている状態(筋肉の柔軟性)からスタートして、その方なりに少しずつでも筋肉の過度な緊張を取ったり、柔軟性を高めて行けばよいことだと思います。
バレエを習うことは特別なことですから、より柔軟性を高めたいと思われるでしょうけれど、日常生活においても筋肉は疲労するわけですから、ご自分でメンテナンスできることは大きなメリットになるのです。
柔軟性を高めると言う考え方から、緊張した筋肉をリラックスさせることでより健康になると言う考え方に切り替えてみてください。
毎日休むことなく働いている筋肉を時々意識してリラックスさせてあげましょう。
ストレッチは年齢や柔軟性に関係なくどなたでもできることなのですよ。

テーマ:ダンス - ジャンル:趣味・実用

正しいプリエのためにNo2

検索してみよう!プリエ


プリエに関わらず大切な事。

足の裏を柔らかくしておこう!

足の裏は自分の全体重をいつも支えてくれてます。
大人で20何㎝。
わずかこんな小さなスペースで 何十㎏もの重さを支えてくれてるんです。
バレエをやらない人もたまにはじっくりといたわってあげましょうね。
足の裏にはたくさんのつぼもあります。
足の裏を柔らかくしておくという事は 健康にも良いんですよ(^.^)

バレエをやる方は 特に足の裏が硬いと床をしっかり踏む事も出来ないし つま先を伸ばしたときに綺麗な甲も出ません。

テレビを見ながらでもいいです。
リラックスして 足の裏をすりすりなでるだけでも違いますが
時間があるときは 足の指一本 一本をクリクリ回したり 内側に丸めたり外側に押したり・・・(決して無理にやっては駄目ですよ。気持ちいい所で止めておきましょうね。)
そして足の裏をもみもみ。スリスリ。土踏まずも忘れずにね。
ついでに足じゃんけんでもしてみましょう!
足の指で ぐー チョキ(はちょっと難しいかな?) パー 
足の指が全部開いて パーが出来た人はなかなかの人。
(出来なくても大丈夫。私も出来ません(__;)
足の裏が ほかほか 柔らかくなってきましたか?

バレエをやる人もやらない人も 大切な足です。
きっといとおしくなってきますよ。

柔らかくなると得な事・・・ 【“正しいプリエのためにNo2”の続きを読む】

正しいプリエのために

試しにクリックしてみてね(__;)
ただの検索です。
整体


この間プリエは大事だよ~

と言う話を書きましたが 今日はでは どうやったら正しいプリエが出来るようになるか・・・

どうして正しいプリエが出来る人と 出来ない人がいるのでしょう。

レッスンしてないから・・・何て事は言いません(__;)

色々な人を見ていると 何年もバレエをやっていても 本当に正しいプリエが出来ている人って 意外と少ないような気がします。
これでは絶対いつか故障がでるよ・・・と思える人も。

どういう事?
と 言うと 人それぞれ骨格が違います。
また股関節の形状 鞭帯の長さ 関節の柔軟性など 意外とプリエに関わってくる条件は複雑なのですが
簡単に言うと 足裏 足のすね ふくらはぎ 前もも ももの後ろ側 お尻の筋肉が柔軟である必要があります。
特に 股関節と膝関節を結ぶももの前面の筋肉、膝を伸ばすときに活躍する坐骨と膝を繋ぐももの裏の筋肉。
お尻の筋肉も柔軟でないと 股関節の可動に支障が出ます。

まずはつま先と膝が同じ方向を向くようなプリエを目指しましょう。
(そんな事解ってる!と 言う方も先を読んでね)

【“正しいプリエのために”の続きを読む】

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

こんな悩みありませんか?

■股関節が硬くて開きにくいのですが・・・

■足が上がらないのですが・・・

■「引き上げる」ってどういうことですか?

■足の指を丸めてはいけないと言われますが・・・

■ジャンプの着地でかかとが上がってしまいます。

こんな悩みがある方は下を読んで見て下さい。
【“こんな悩みありませんか?”の続きを読む】

いつも言う事

私たちのスタジオのモットーは

●人と比べない
●頑張りすぎない


変ですか?一応バレエスタジオなのに・・・

でも 子供の頃からきちんと段階を追ってレッスンしてきた人は少しくらい無理をしてもそんな事は無いかもしれないし
プロにでもなろうとする人は 人と競い合ったりすることも必要かもしれませんが 
大人になってからやろうとする人は まずこれをやると体を痛めます。
(ちなみに人と比べないと言っても 人を見たり まねしようとすることは やっぱり必要ですよ。)

時々大人になってからバレエを初めて 楽しくて楽しくて 無理をしてしまったり 無理をせざるを得なくて体を痛め 日常生活にすら支障をきたしてしまうくらいになってしまった。 でもバレエは止めたくない・・・と言う人が来るときがあります。
私たちの所では きちんと体の構造や筋肉の構造を理解している教師(ストレッチ担当のAizawa。バレエクラスもそれと連動して指導しています)が 個々の体の条件を見て的確に指導しています。

せっかくはじめたバレエで 体を痛めたりして悲しい思いをしないように 最悪止めなくてはならなくなったりすることがないように 私たちはいつも生徒達に上の二つの事を言っています。
その上でいかに効率よく上達するか 日々無い知恵を絞っています(__;)

バレエは上達するのにもともと時間の掛かる物です。
でも 大人になってから始める方にはそれだけの時間がとれない場合が多いです。だからと 上達しないと諦めないで!
正しい体の使い方をして 根気よくレッスンしていれば 半年 一年後にはきっと 上達が見えてくるはずです。
人とは進み方が違うかもしれませんが 
諦めないで!
考えすぎず 兎に角やってみよう!


スタジオに入ってくる勇気。
兎に角やってみようという勇気。

これだけで 十分です(^.^)

一番大切な物

もうすでにバレエをやってらっしゃる方なら 知ってらっしゃると思いますが 何故バーレッスンはプリエから始まるか知ってますか?
(ストレッチから始める場合もありますが)
バーレッスンはどこでも大抵は順番は一緒ですよね。
----いきなりタンジュやグランバットマンからやる所はまずありません---
何故かというと 一番大切な物から順番に 体に負担が掛からないように出来るようになっているからです。

これで 解りましたね。
バレエで一番大切なのは 「プリエ」なんです。
では 「プリエ」って何ですか?
バレエ用語辞典などをひいても 「膝を曲げる・・・」くらいしか書いてありません。
バレエをすでにやってらっしゃる方 お稽古場の先生にお聞きしてみて下さい。違う答えが返ってきたら 是非教えて下さい。

私たちはよく プリエをするとき 膝を曲げるのでは無く 三カ所(付け根・膝・足首)を折りたたむとも言います。
つま先と膝を同じ方向に向けましょう!
足の裏でしっかり床を踏みましょう!
モモの内側が平らになるようにしましょう!
とも言われませんか?
注意したい事は他にも沢山あります。
プリエって奥が深いんです。

プリエがきちんと出来ないと困る事沢山ありますよね。
ソッテやジャンプするとき ルルベアップするとき トンベするとき・・・上げたらきりがないくらい。
一度じっくり考えてみましょう!

で 私のクラスではついついプリエにこだわりすぎて 時間が掛かってしまいますが プリエを征する事が一番のバレエが上達する近道だと思います。

たかこ


テーマ:大人の趣味 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。