大人になってから始めるバレエ

大人になってからバレエを始めるには? ほんの少しの勇気と やりたい気持ちだけ! あとは私たちにお任せ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンサーの姿勢

背骨

絵がへたくそなのは お許し下さいね(__;)
(また 厳密ではありませんのでご了承下さい)

見て欲しいのは真ん中の太い線です。
背骨の形(背骨の中心です)を表しているつもりなんですが・・・
ちなみに右側の絵は アンデオールしているので 下半身の形が少し左とは違っています。

良くレッスン中に背中をまっすぐに伸ばしましょう!と 言われますね。その時この絵を想像してみて下さい。
尾てい骨からまっすぐ背骨を立てましょう。
と言われて 皆さんが想像している尾てい骨(手で触れる所)から立てようとしてませんか?
実は手で触れる所は本当の尾てい骨では無いんです。
本当の尾てい骨はもう少し中にあります。
ですから それをやろうとすると 腰を入れすぎるおそれがあります。

腰を入れすぎると芯が中心にならないだけでなく ターンアウトの妨げにもなります。
また つむじを上に引っ張りましょうと言われた時顎を上げてはいけないのも解りますね。(耳の後ろ側を上に引っ張るようにすると ほぼ真っ直ぐ引っ張る事が出来ますよ)

スポンサーサイト

いつも言う事

私たちのスタジオのモットーは

●人と比べない
●頑張りすぎない


変ですか?一応バレエスタジオなのに・・・

でも 子供の頃からきちんと段階を追ってレッスンしてきた人は少しくらい無理をしてもそんな事は無いかもしれないし
プロにでもなろうとする人は 人と競い合ったりすることも必要かもしれませんが 
大人になってからやろうとする人は まずこれをやると体を痛めます。
(ちなみに人と比べないと言っても 人を見たり まねしようとすることは やっぱり必要ですよ。)

時々大人になってからバレエを初めて 楽しくて楽しくて 無理をしてしまったり 無理をせざるを得なくて体を痛め 日常生活にすら支障をきたしてしまうくらいになってしまった。 でもバレエは止めたくない・・・と言う人が来るときがあります。
私たちの所では きちんと体の構造や筋肉の構造を理解している教師(ストレッチ担当のAizawa。バレエクラスもそれと連動して指導しています)が 個々の体の条件を見て的確に指導しています。

せっかくはじめたバレエで 体を痛めたりして悲しい思いをしないように 最悪止めなくてはならなくなったりすることがないように 私たちはいつも生徒達に上の二つの事を言っています。
その上でいかに効率よく上達するか 日々無い知恵を絞っています(__;)

バレエは上達するのにもともと時間の掛かる物です。
でも 大人になってから始める方にはそれだけの時間がとれない場合が多いです。だからと 上達しないと諦めないで!
正しい体の使い方をして 根気よくレッスンしていれば 半年 一年後にはきっと 上達が見えてくるはずです。
人とは進み方が違うかもしれませんが 
諦めないで!
考えすぎず 兎に角やってみよう!


スタジオに入ってくる勇気。
兎に角やってみようという勇気。

これだけで 十分です(^.^)

自己整体のバレエ

バレエは優雅で、美しくて、見ていて惚れぼれしちゃいますよね。
あんなふうに踊れたらいいな~とあこがれる方も多いことでしょう。
華奢でいて強い筋力を持ったバレリーナのスタイルも素敵ですね。               
バレエを踊る人は、お客様にお見せする体を持っています。
見た目は細くても強靭な筋肉を持ち、しなやかな表現も力強い表現もできるわけです。

その理由は表層筋(自分で触ることのできるからだの表面の筋肉)を必要以上に鍛えることなく、深層筋(骨格を支えている深いところの筋肉)を使って踊っているからです。
表層筋を鍛えると腕には力こぶができ、お腹に割れ目が入り、太ももはパンパン、ふくらはぎだってモリモリ、スポーツには必要な筋肉ですが見た目重視のバレリーナにはちょっと・・・。
でもよく考えてみてください。スポーツ選手も、バレリーナも元は同じ体を持つ人間なわけですから、バレリーナだって鍛え方によってはスポーツ選手のような体になるわけです。
例えば、自分の持つ骨格の条件以上に無理をして、理想のポジションを力づくでキープしたら、表面の筋肉が頑張り始めることになります。
プロフェッショナルの場合は多少そういったことをする必要が出てくるかもしれませんが、一般の方がそれをすると、プロポーション的にも美しくなれませんし、ケガをしてしまうことも考えられます。

左右均等に筋肉を使い、頭の先から手先・足先まで全身をくまなく動かし、フロアーレッスンも、右をやったら必ず左と言ったように、きちんとレッスンしていれば、左右均等な筋力が養えるばかりか、偏った筋肉でさえバランスがとれてくるのです。これぞ自己整体のようなものですね。

無理をせず正しい体の使い方でレッスンをする。
とても時間の掛かる事のように思えますが 実は大人になってから始める方には 一番の近道でもあるのです。
だって 故障をしてせっかくはじめたバレエを止めなければ行けない事になったら何もならないですよね。

あい&たかこ 

テーマ:大人の趣味 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。